HOME

熊谷 武雄(くまがい たけお)

宝鏡寺(ほうきょうじ) 
・場所:気仙沼市川原崎31宝鏡寺境内山門入口 Yahoo!地図 
熊谷 武雄(くまがい たけお)
・説明:1883−1936年 54歳没 気仙沼市久保生まれ 宮城県気仙沼で農林業につく
    前田夕暮に師事し、1911年(明治44年)「詩歌」創刊に参加
    田園歌人として全国にその名を馳せた歌人
 
手長野に  木々あれども たらちねの 柞のかげは   拠るにしたしき
てながのに きぎあれども たらちねの ははそのかげは よるにしたしき
 歌意:気仙沼の背景に広がる手長山(540m)には色々な木があるが、(ははそ)の林に、お母さんの処に行ったようで、心が休まる。
 年 建立
2012.5.19




明神崎(みょうじんざき)
・場所:気仙沼市魚町二丁目6 神明崎 Yahoo!地図  
 熊谷 武雄(くまがい たけお)
・説明:1883−1936年 54歳 気仙沼市久保生まれ 宮城県気仙沼で農林業につく
    前田夕暮に師事し、1911年(明治44年)「詩歌」創刊に参加
    田園歌人として全国にその名を馳せた歌人
 
これやこの ひがし日本の 海のなか海 くろしほはくる 親しほはくる
 歌意:
 年 建立
2012.5.19


2012.5.19





手長野を詠んだ歌
手長野の 靄のしづくに ぬれて咲く 通草の花は ただに散るべき
 歌意:
 通草:あけび